新月の日がやって来ました

0
    何度もお知らせ致しました遠隔瞑想の日がとうとうやって来ました。

    今回の新月は皆既日食となるため、少々、注意が必要です。

    エネルギーの振幅が大きいのでシフトも大きいのですが、浄化も大きいかも知れません。

    今日は、感情の乱れなく、静かに平穏な気持ちでお過し下さい。

    言葉少なく、静かにお過し下さい。

    ピラミッドからのエネルギーを受け取られても、ハイにならず。静かに内在させておいて下さい。

    昨晩、ピラミッドを舞台に行われる、「音と光のショー」でピラミッドは「不死」を実現するための大事業だったことを確信しました。


    地下都市に不死の人々を作ったのだという話しもあります。

    BC29年にエジプトを襲った大地震でたくさんの巨像や神殿が破壊されましたが、ピラミッドは表面の化粧板が剥がれただけで、びくともしなかったのです。

    日本を発つ前に感じた「サバイバル」というエネルギーをやはり受け取って来るようです。

    そして、皆様にお送りいたします。


    それから、受け取る方法ですが、時間が合わない方々のために、今日の夜中12時まで受け付け可能のオクタヒドロン(ピラミッドを上下につないだ正8面体)=時間を越えた完璧なエネルギー体を
    日本上空にセットします。

    そちらをイメージして「これから、ピラミッドパワーを受け取ります!」と宣言してから瞑想して下さい。


    ピラミッドの近付くではメールを送れないかも知れませんので、一旦、ここで送信します。


    次のページに続く(このページの下をクリックして下さい)

    アマルナにて

    0

      東側の岩山には、当時の医者などの墓があり、見学することが出来ました。

      高台からアマルナの地を見下ろすと、当事の生き生きとした人々の暮らしぶりが見えて来ました。


      アクナテン様は『万人みな平等』とおっしゃいまして、全ての市民が、宇宙の根源の神「アテンラー」=「アトン神」からの恩恵(素晴らしい光)を直接、受けることが出来る参拝所をお造りになりました。。

      なんと言う違いでしょうか?
      今までのアメン神の神殿では身分によって、近付ける範囲が決まっていたのです。

      また、アメン神の神官達との戦いもありましたが、アクナテン様が勝ち、神官達は改宗すれば、許され、アモンラーの神官になることが出来ると言う寛大さでした。


      大神官の墓を見学した時、振り返って「あ、私、この葬儀に出たことがあるワ」と、クスっと笑ってしまいました。
      そして、他のお墓も巡るうちに段々と気が晴れて来るのを感じました。

      アクナテン様は許して下さっている。

      アクナテン様の改革は、モーセに引き継がれ、やがて、その精神はキリストに、ムハンマド(マホメット)へと伝わり…。
      世界宗教や哲学の源となったことを知って今世、この地に戻って来た私達が、深い後悔と悲しみを下ろしていくのを感じるのでした。


      岩山を降り、「平等」=「誰でも…出来る」=「可能性」=「全ての人が神に愛されている」と言うエネルギーをチャージいたしました。

      アクナテン様の教えです。
      王宮跡地を見学しました。当時のファラオとしては驚くほど小さいのです。それは、アクナテン様の信条をよく表していて、また、一層感動させられたのです。


      今は何もない、アマルナの街。しかし、15Kmもの跡地を訪れていたのは私達4人のみ。(ガイドさんや地元の墓守り、警察を除いて)

      アクナテン様のエネルギーを独り占め状態!

      アクナテン様のエネルギーは永遠です!



      ※写真は東側の岩山を歩く私達。右側に広大なアケト・アテン(当時の街の名前)があった。

      次のページに続く(このページの下をクリックして下さい)



      涙・涙のアマルナ

      0

        今回の旅の最大の目的地、テル・エル・アマルナ。
        ずっと憧れていた、アマルナの地にとうとう行ってきました。


        3年前のエジプトツアーの最後に、カイロの考古学博物館を見学して、アクナテンの像を見た時に、次回は、「きっと、この人のために来るだろう」と思っていたことが実現したのです。

        アクナテンと言うファラオをご存知でしょうか?石像を見るとかなり異形で「怖い!」「人間?」と思うでしょう。私も思いました。けれども、何故かきゅーと惹かれるものがあったのも事実です。

        カイロ博物館で求めた、アクナテンの資料にも歴史の本にも、あまりよく書かれていません。「宗教改革が国を混乱させた」とか「出兵しなかったので国土が狭くなった」とか…。


        当日の朝、瞑想しなさいとの声が降りました。実は、旅の疲れからかなかな眠れず、日課のエネルギーワークを移動中の車のでしようと怠けていたのです。移動のための車が途中の渋滞で30分遅れて到着すると言う連絡が入った時、「実際の到着は40分だから35分に部屋を出ればいいのだから、あと30分しっかり瞑想出来るなと」瞬間で確信し瞑想しました。

        瞑想で降りて来たのは…
        ☆アマルナの「万人これ平等」=「誰でも…出来る」のエネルギーをチャージしなさい☆
        だったのです。


        果たして、35分に部屋の電話が鳴り、あと5分で車が到着する旨告げられました。

        そして、ミニヤから美しい朝日を浴びながら出発。約1時間の距離中、私の中のある過去世が語りかけて来たのです。


        それは、アクナテンの父王、アメンホテプ3世から、アクナテン、ツタンカーメンの時代にイシス神殿の女神官としてお使えしたストーリーだったのです。

        「アクナテン様は本当に理想の街を作られました。『万人これ平等』とおっしゃられて…しかし、それが、アメンラーを信奉する神官団達との大きないさかいを産んだのでございます。わたくしは、もう年老いて、血気盛んな若い神官達を止められなかったのでございます。…。」

        当事の私が、ツタンカーメン王の時代までお使えし、この王族の行方を見守っていたこと。どんな、葛藤があったのか…たくさん語ってくれました。


        深い悲しみや後悔に苛まれながら、アマルナへ到着しました。

        そして、
        今回、同行の全員が、改革のこの地、アマルナにいたこと。
        全員が『アクナテン様をお守り出来なかった深い悲しみと後悔』を抱えてこの地にたどり着いたことを知って呆然としたのです。

        次のページに続く(このページの下をクリックして下さい)



        アビドスにて光を受け取る…

        0

          ルクソールの北に、デンデラとアビドスと言う遺跡があり、どちらも素晴らしい聖域ですから、すごく楽しみにしていたのですが、アビドスのみになってしまいました。

          こういった変更には、3次元的意味もあります。
          陸路の移動は、観光バス等が数十台が連なり、前後に警察の車が付き添います。これをコンボイと言いますが、ルクソールから出発してルクソールに帰る車がほとんどです。
          警備の関係から、ルクソールに遠いアビドスに行き、戻りながら、デンデラへ行くのだそうです。
          私達の行きたい方向と逆に進みますから、引き返して、私達の宿泊地ミニヤに到着するには時間も距離も大幅にオーバーしてしまいます。

          そのままナイル沿いに北上するのは私達の車のみ。南へ戻るデンデラは泣く泣く諦め、今日はアビドスを見学し、ミニヤに泊まると言う目的に絞りました。
          それでも、私達一台のために、地元の警察が前後にリレーをしながら付き添い、約200Kmを走ってくれると言う特別待遇に申し訳なさと「もう充分」な感じを受け取ったのです。
          観光客には警察の護衛が付き、税金や入場料金から賄われているから大丈夫だと聞き、安心しましたが…。


          それから、次元を越えた導きは…
          想像以上にパワフルかつ宇宙的で、行く前からアビドスだけで「もう充分」な感覚があったからなのです。


          セティ1世の葬祭殿では7つの神に祈る7つの至聖所に順にお参りして行きました…
          全ての至聖所には天井から光が降り注ぐように出来ています。
          7つの内1つだけは、奥が深く、更に神聖な至聖所へ進むことが出来ます。そこでも、光が降り注ぐようになっているのですが…奥の至聖所は、狭い空間になっていて、まるで、手ですくうように光を受け取れるのです。

          美しい光を受け取りながら、内側と天へ問い掛けてみました。

          一瞬、見えたのは…目を疑う光景。
          目の形をした銀河のようなものだったのです。

          ちょうど一年前にメールで回って来た「神の目」そっくりだったのです。

          それが、何を意味するのかまだわかりません。
          けれども、きっと深い意味のあるエネルギーを受け取ったのだと思います。

          参考までに昨年の「神の目」を掲載いたします。 ただ…私が見たものは、もっと広がり、色も薄いものでした。


          また、裏にはオシリス神のお墓と言われている地下深く掘られた、広い遺跡がありましたが…、古代、宇宙から来ただろうエネルギーを感じました。

          この葬祭殿で有名なのが、まるで、ヘリコプターや飛行機や現代の乗り物に見えるレリーフです。
          時空を越えて見に来たとしか思えない不思議なものです。



          時空と時間軸の真理

          0

            タイムリーに私の旅の成果をお伝えするはずだったのですが、暑いさ中、受け取った素晴らしいメッセージをどう文章化しようかと、あれこれ迷っているうちに時間がどんどん過ぎて行ってしまいました。

            エジプトの死生観には深い真理が隠されており、発掘や研究が進むと同時にスピリチュアルな人々のみならず、一部の科学者をも強烈に引き付けております。

            ルクソールの西岸には、「王家の谷」と言う地域があり、歴代のファラオのお墓があります。

            ツタンカーメンの墓で有名な地域です。
            もちろん、ツタンカーメンのお墓も行き、美しい壁画に描かれた死後の世界と段階なども確認しましたし、ミイラに手も合わせました(魂は無いのですがつい^^…。

            そして、ツタンカーメンの墓のすぐ上で、まるで、ツタンカーメンを守っているがごとく存在したラムセス6世のお墓が圧巻でした。
            ツタンカーメンの墓が3千年以上、手付かずだったのは、後から作ったラムセス6世のお墓のために掘り出した土や石が被さってしまったお陰なのです。


            ラムセス6世の墓の通路には、「扉の書」が描かれ、玄室には天空の女神が昼と夜を分けている巨大な画が天井に描かれています。

            ここで、時空と時間軸についての真理を受け取りました。

            調度、私達以外に人は無く、立ったままでしたが、短時間の瞑想に入ることが出来たのは、まさに導かれてここに至ったからのです。

            飛行機の中の瞑想三昧の時間に、ある私個人の問題についての啓示がありました。
            そして、王家の谷に出掛ける当日の、部屋を出る直前に「今日それを受け取れる、ラムセス6世のお墓に行きなさい」との声がおりたのです。

            当然、そこに行くものだと思って王家の谷に到着すると、ガイドさんから「そこは行きません」との話しがあり、びっくりしたのですが、別料金のために元々の料金に含まれていないだけと分かりすぐにチケットを買い求め、そして、見学を最後にまわしてゆっくりと入ったのです。



            奥へ進むと…まさにそこには、多次元が存在し…
            時空を越えた魂の旅が実感を伴って現れ…
            (私は何度もそのような体験をしているので珍しくはなかったが)、同行者の一人が、一瞬にして、宇宙から地球に使命を持って来た時のことを思い出し、感動にふけっていました。

            私は時間軸がどんなものなのか見せていただき、おおいに納得し、感動、感激、そして、出発の飛行機から導かれていたことに深く感謝したのでした。

            今回のエジプトの旅の目的の一つ(であり半分の重みを持つ)を受け取ることが出来た感動と感慨でいっぱいになり、しばらく放心状態でした。

            そして、次の日、その天井絵のパピルスを偶然見付け手に入れたのです。それは、今後のヒーリングに役立てようと思います。

            それが最初の写真です




            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>

            こちらもよろしく☆

            新月の会<代々木>

            2/16(金)19:00〜20:30


            愛されヒーラーコース(8)

            2/21(水)10:00〜18:00


            セルフヒーリングワークショップ フォローアップセミナー

            2/24(土)10:30〜12:00


            愛されヒーラーコース(8)

            2/25(日)10:00〜18:00


            満月の会<代々木>

            3/2(金)19:00〜20:30


            愛されヒーラーコース(9)

            3/3(土)10:00〜18:00


            チャクラヒーリング基礎講座 いきいきコース(1)

            3/14(水)13:00〜15:30/19:00〜21:30


            新月の会<代々木>

            3/17(土)19:00〜20:30


            軍刀利神社ツアー

            3/21(水祝)9:30〜20:00


            愛されヒーラーコース(10)

            3/28(水)10:00〜18:00


            アロマお茶会

            3/29(木)14:00〜15:30/19:00〜20:30


            愛されヒーラーコース(10)

            3/31(土)10:00〜18:00


            満月の会<代々木>

            3/31(土)19:00〜20:30


            お申し込みはメール でお気軽にどうぞ!


            楽しいお知らせ(*^_^*)

            レティシアショップ

            アロマヒーリング

            広告を削る方法!

            広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS

            メルマガ登録

            メルマガ登録フォーム
            お名前(姓)  *
             (例)山田
            お名前(名)  *
             (例)太郎
            Eメール  *

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • キラキラに出会えてから7年が過ぎ。。。最終回の日
              letitia
            • キラキラに出会えてから7年が過ぎ。。。最終回の日
              Yumi
            • 《 神宮三社 レイライン 特別祈念 ヒーリンググッズ》をお申し込みの方々へ
              letitia
            • 《 神宮三社 レイライン 特別祈念 ヒーリンググッズ》をお申し込みの方々へ
              ニョロニョロ
            • 続き。高血圧、鬱、パニック。救急車に乗って それから。。。
              letitia
            • 続き。高血圧、鬱、パニック。救急車に乗って それから。。。
              みつあみの貴族
            • 双子座新月《太陽系遠隔ヒーリング》の受け取り方!
              みつあみの貴族
            • 双子座新月《太陽系遠隔ヒーリング》の受け取り方!
              letitia
            • 双子座新月《太陽系遠隔ヒーリング》の受け取り方!
              letitia
            • 双子座新月《太陽系遠隔ヒーリング》の受け取り方!
              みつあみの貴族

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM